SSLサーバー証明書を一元管理
自動更新化を実現

有効期限を一元管理し、期限が近付くと管理者へお知らせ。更新の自動化やサイトのダウン検知も。

有効期限を一元管理し、期限が近付くと管理者へお知らせ。更新の自動化やサイトのダウン検知も。

SCROLL

サーバー証明書の更新は
90%が負担と回答

非常に大変
大変
少し大変
大変ではない
よく分からない
非常に大変 大変 少し大変 大変ではない よく分からない
40 32 16 8 4

5年毎のイベントが毎年のイベントに。

サーバー証明書の有効期間は、当初は最長5年でしたが2015年に3年になり、2018年に2年、2020年には1年1ヶ月となり、毎年更新が必要となっています。

近年のセキュリティ意識の高まりによるもので、更新を担当するシステム管理者の負担は年々高まっています。

よくある質問

導入可能なWebサーバの種類は?

サービス形態は?

類似サービスとの違いは何ですか?

複数年一括払いは可能ですか?

どのくらいの期間で導入できますか?

TOP